片付けブログ

片付ける人による片づけブログ(2021.11.22~):おもちゃ収納や心の栄養など

片付けブログ

職業病すぎて、ありとあらゆることが片付けにつながる今日この頃。
仕事をしながら、生活をしながら片付けに関するアレコレをブログで綴ります。

 

 

片付ブログ11月26日:幸せな家、悲しい家

さて、最近作業をしていてアシスタントメンバーと話をしていたこと。

 

「あの方は、幸せそうだねぇ…。」

 

もうすでに数百軒のオーガナイズの作業に伺っていますが、やっぱりその家その家で感じることってあって違いますね。

 

たぶんこんまりさんが昔ご著書で家が幸せそうだとか、なんとか・・・
そういったことを感じるからどうのこうのと書かれていたと思うのですが
(↑うろ覚えすぎて、むしろ話題に出さない方がいいレベル)
それは、この感覚なのかなぁ?
と今になって思ったりしたんですよね。

 

私自身はスピリチュアル的なところとは縁遠いので、何かを感じる!とかはないのですが、物がたくさんあって散らかってしまう、掃除もままならない状態でも悲しい感じがしない家もたくさんあるんですよね。

 

片づいたらもっと手間暇がかからなくなるので、家族みんなでもっともっと仲良く暮らしやすくなります。

 

そのお手伝いができる幸せ。

 

 

片付けブログ11月25日:ちょっとのことがやりにくい

子育て中、特に子供が小さいうちは成長の速度が速いので家の中の見直しは結構頻繁にしています。

 

最近は玄関。

子どもの背がぐっとのびたので「3歳児でも自分でできる」ように設置したフックの位置が今度は低すぎるようになりました。

 

ちょっとのことがやりにくさにつながる。
そしてやりにくい場合は、やらなくなる可能性もある。

 

ずっと毎日帰宅後すぐに掛けていたアウターが、床に落ちている日が続いたので、見直しをしました。

 

フックの位置を高く移動。壁に打ち付けているタイプなので、ねじを外して移動させて設置するのに30分。

 

無事高くなったら、スキーウェアのすそも床につかなくなったし、子供もやりやすくなった!と言っていました。

 

「前は片づけができていたのに、最近できない」

 

原因は1つではありませんが、子どもの成長と収納が合っていないというケースもありますのでぜひ確認してみてください!

 

 

 

 

片付けブログ11月24日: 〇〇を置けば、部屋は片付く!

見たことありませんか?

 

「花を飾れば、部屋を片づける気になる」
「アートを飾れば部屋を片づける気になる」
「観葉植物を置けば、部屋を片づけるようになる」

 

的な言葉を(笑)

確かに、片付けが苦手と言っている方の中には結構な割合で「観葉植物が育たない」って言っていたり、切り花をよく腐らすって言っている方がいるので、その裏返しが上記のような言葉につながるのかもしれません。

 

でも、自分自身が暮らしている中で、そして片付けが苦手なお客様が上のような物を置いた結果片づけられるようになったことはありませんね。

 

特に花や植物はある程度(完璧じゃなくてOK)行動の後始末をする癖がついてから置いた方がいいのだと思います。
じゃないとただ家の中でやることが増えてしまうだけです。

 

それでもどうしても散らかった中に豊かさを、潤いを…という場合には元々そこまで散らからない場所に絵を飾る…のがいいかもしれません。

 

私は階段に飾っています。

家の中全体がモノトーン傾向なので、パッと気持ちも明るくなる黄色い絵を選びました。

 

階段を通るたびに、この絵が目に入るとすごく気分が明るくなるのでとってもいいです。視覚情報からパッとわくわくする感覚がある方はぜひお試しください。

#もちろん視覚情報からワクワクしないタイプの方もいます
#自分の暮らしを豊かにするのがオーガナイズ

 

 

 

片付けブログ11月23日:子どものおもちゃ作品どうしている?


これはよく相談されるネタでもあります。

 

保育園、幼稚園、小学校で作ってくる大がかりな作品もあれば、
日々作成する小さな折り紙やチラシの何か…。
こういうのが溜まりがちですね。

 

どのくらいの量までOKかについては、各ご家庭の価値観だと思います。

 

この話は語り甲斐があるので独立したコラムを1つ書きますね!!

 

 

 

 

片付けブログ11月22日:心の栄養

片づけブログ

なんで片付かないかなぁと言うことを考えるときに
多くの人は物量とか部屋の収納に関することをまず想い描くと思います。

 

でも中には物量がそこまででもないのに、適切な場所に収納があるのに、それでもなかなか片付かないと言うケースもたくさんあります。

 

理由はこれまでも書いている通り「様々」ですが、そのうちの1つは今日のテーマである「心の栄養」が足りていないと言うことだと感じます。

 

心の栄養はすごく漠然とした表現で、それが何なのかは人によって違います。

 

その人の「興味関心が向くやりたいこと(好きなこと)をやれると自分で思える状態」が心の栄養が足りている状態だと解釈しています。

 

なので、

 

「やるべきこともやっていないのに、自分のやりたいことをやっていいはずがない」
「やるべきことをやっていないから、自分がやりたいこともできるわけがない」
「やるべきことが最優先。やりたいことは二の次」

 

と言う思いこみに縛られている方がいらっしゃいます。

 

でもこれは自分のやりたいと思っていることを否定し続けているので、心の栄養不足にどんどん陥っていると思います。

 

これが続くと、どんどん無気力になっていきます。
そして無気力状態になると、もっと何もできなくなっていきます。

 

何もできなくなると、自分が何を好きだったのか何をやりたいと思っていたのかも忘れてしまいます。

 

…セルフネグレクト状態になっていると思います。

 

だから、もちろんやるべきこともやるにはやるけれど、自分がやらないといけないことに縛られ過ぎずにやりたいことをやって心の栄養を満たす時間も大切です。

 

やりたいことやって、気分がいい時の方がやらなくちゃいけないことに取り掛かる気持ちも明るいですよね。

 

自分のことも大切に!

 

#ということで週末は深夜まで仲間と飲む
#1日講座できるくらい喋った
#眠いけれど心は軽い

現在募集中の講座

  • この記事を書いた人

株式会社OPT LIFE

あなた自身を主役に、今の暮らしをもっと楽に楽しく。 家のことから、暮らし方全般を整えるためのサービスを提供しています。

-片付けブログ