OPT LIFE

暮らしの仕組みづくり:コンサルティング型片付けサービス、新築・リフォーム・引っ越し前の収納プラン・片付け作業

整った人になるコツ 時間・行動の整理

人が集中できるのは、30分程度

投稿日:

整った人になるシリーズ#15 時間と行動の整理(5)

人が集中できるのは、30分程度

もちろん個人差や、取り組む課題によって差がありますが、人が集中できる時間は15~30分程度だそうです。

その証拠に、子どもの時から授業時間は45分、60分、90分というように伸びていきますが授業中一言一句逃さずずっと集中し続けてきた経験のある方はいないはずです。

 

家事でも、集中する必要がある仕事でも、時間を「数時間」で区切るよりも、15~30分で枠を作り、休憩も交えながら行動する方が集中することができ、効率がよいことが知られています。

 

特に、日常生活で脱線しがちなタイプや逆に過度に集中してしまうタイプの方は、アラームを15~30分間隔で鳴らすことがおススメです。

脱線してしまうタイプの方は、アラームがなることで自分がきちんと作業を進められているか確認ができます。過度に集中してしまうタイプの方は、現実に引き戻され、時間の確認ができます。

 

15分、30分は、好きなことをやっていると「一瞬」で過ぎてしまうような短い時間です。なので、苦手なタスクに取り掛かる時も、「とりあえず1つだけ、15分だけ」と決めてこの時間だけ集中しましょう。

そして、15分経ったら一度中断してみましょう。

 

まだもう少し集中して続けたいと思う場合は30分程度まで続けますが、苦手なこと、やりたくないことについては一度やめて、また別の時間に15分の集中時間を作っても構いません。

こうすることで、集中してモノゴトに取り組めるので、ダラダラと違うことを考えながら取り組むよりもよっぽど効率的に動くことができます。

 

また、もし座って取り組む仕事の場合、長時間座りすぎは体に悪いので休憩時間では一回席を立って、少し体を動かすといいです。

 

さらに、慣れてくると15分~30分で終わらせることができる仕事量(1つ1つの家事、片付け、仕事など)を自分で把握できるようになりますので、一日の見通しがつきやすくなりますのでおススメです。

 

まずは、15~30分。集中すると決めて取り組んでみましょう!

 

「整った人になる」シリーズは、思考の整理部屋の整理時間・行動の整理の3つから、今よりも生きやすくするための整理のポイントを毎日1つずつ掲載しています。

整った人になるコツ 時間・行動の整理

「いま」の積み重ねが、あなたの人生となる

整った人になるコツ 時間・行動の整理

時間の見積もりをするクセをつける

整った人になるコツ 時間・行動の整理

前倒しの「仕込み」ありますか?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

終わりの時間を決めている?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

スマホ、SNSにかける時間の比重は適切?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

習慣になっている行動は何?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

つい脱線するのを防ぐには、タイマーで!

整った人になるコツ 時間・行動の整理

その行動は、今の頻度がベスト?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

仕事にも家事にも営業時間を決める

整った人になるコツ 時間・行動の整理

習慣とセットで家事を行う

整った人になるコツ 時間・行動の整理

使う場所それぞれに?家の中で1カ所?物の数を考える

整った人になるコツ 時間・行動の整理

家事にかかる時間を計ったことはありますか?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

明日、絶対にやらないといけないこと3つは何?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

あなたは、1日の中でいつが絶好調?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

意図的に、休む

整った人になるコツ 時間・行動の整理

いま目の前に集中する

整った人になるコツ 時間・行動の整理

人が集中できるのは、30分程度

整った人になるコツ 時間・行動の整理

前夜に明日の時間・週間予定を確認するクセをつける

整った人になるコツ 時間・行動の整理

今の部屋から理想の部屋にするにはどうしたらいい?

整った人になるコツ 時間・行動の整理

時々、理想の時間割を考え直す
  • この記事を書いた人

株式会社OPT LIFE

あなた自身を主役に、今の暮らしをもっと楽に楽しく。 家のことから、暮らし方全般を整えるためのサービスを提供しています。

-整った人になるコツ, 時間・行動の整理

Copyright© OPT LIFE , 2019 All Rights Reserved.