OPT LIFE

暮らしの仕組みづくり:コンサルティング型片付けサービス、新築・リフォーム・引っ越し前の収納プラン・片付け作業

思考の整理 整った人になるコツ

「当たり前」は本当に当たり前?

投稿日:

整った人になるシリーズ#16 思考の整理(6)

当たり前は、本当に当たり前?

「常識を疑え!」、「当たり前を疑え!」そんなキャッチ―な煽りをする気はないのですが、何かに行き詰っている時は、自分が当たり前と思っていることが当たり前ではなく、もしかしたら違う解釈をしたり、やり方を変えることで解決するかもしれないです。

とても簡単な例ですが、海外旅行に行った時に、考え方ややり方の違い、文化の違いを感じる事はありませんか?

 

全く考え方ややり方が違っても、人はうまく暮らしているんですよね。

 

それを、「やっぱり日本と外国は違うよね」で終わらせてしまってはもったいない。

いいなぁと思ったことは、どんどん取り入れてみるといいと思います。

 

例えば、海外って往々にして朝食が軽いですよね。

アメリカだと、コーヒーとドーナツやシリアル、イギリスだとポリッジや卵焼きとベーコン、中国だとお粥…。え、こんなもので大丈夫なの?と拍子抜けした記憶があります。
日本では小学校で朝食チェックをされ、上記のような朝食だと、栄養が足りないとアドバイスされます(笑)もちろん、栄養バランスが取れた食事がいいことは間違いないけれど、そこに強迫観念を持つ必要はありません。もっというと、超バランスがいい朝食を作れないからと言って、自分を責める必要もないのです。

 

家の中にある細かなことから当たり前を見直すことで、楽にできるかもしれません。

 

家事・育児関係だと…

・洗濯ものはたたむのが当たり前

・食事の皿は、和食たるもの小さいものを複数使うのが当たり前

・布製の布巾をきちんと消毒して使う

・一汁三菜、1日30品目食べるべき

・家事は丁寧な方が幸せになれる

・女性は家事をきちんとするべきだ

・トイレ掃除は毎日

・全て手作りの食事やお菓子の方が子供が健康に育つ

・小さいうちからお稽古事をたくさん経験させることが、豊かな人生につながる

・お弁当は、丁寧なキャラ弁の方がいい

いかがでしょうか?

・洗濯ものはたたむのが当たり前
→ハンガーにかけるだけにすれば、時短・着替えも楽

・食事の皿は、和食たるもの小さいものを複数使うのが当たり前
→大き目のお皿ワンプレートもあり

・布製の布巾をきちんと消毒して使う
→洗って繰り返し使えるペーパータオルを使い捨てなら、消毒不要

・一汁三菜、1日30品目食べるべき
→そんなに食べなくても、健康でいられる

・家事は丁寧な方が幸せになれる
→科学的なエビデンスなし。「丁寧にすべき呪縛」で苦しむなら、最低限しかやらないと割り切った方がいい

・女性は家事をきちんとするべきだ
→できたら楽だけど、できなければ最小限でもOK、生きるための家事なので、女性だけでなく、男性も。

・トイレ掃除は毎日
→週1掃除でOKなアイテムを使ったってOK

・全て手作りの食事やお菓子の方が子供が健康に育つ
→エビデンスなし。好きでできる人以外は、「呪縛」になる。

・小さいうちからお稽古事をたくさん経験させることが、豊かな人生につながる
→エビデンスなし。疲れ切ったり、親子でゆっくりする時間がとれないのは逆効果。

・お弁当は、丁寧なキャラ弁の方がいい
→アメリカなんて、ピーナツバターサンドイッチとリンゴだけ!辛いなら、キャラ弁じゃなくてもまったく問題なし!

今の世の中には、様々な考え方があります。唯一のやり方なんて、存在しません。

自分が当たり前、常識、こうするべきだ、と思い込んでいることで、呪縛を作り出しているかもしれません。

 

また、もしかしたら、この記事を読んでくださっている人の中には、上記を当たりまえとして日々実践されている方もいらっしゃるかもしれません。

その方々は、もしかしたらこれらの具体例を見て否定されたような気分になるかもしれませんが、そういった趣旨で書いているわけではありません。

 

絶対に譲れない「信念」に近いところは変える必要がないのです。でも、同時にそれが世の中を通して「当たり前」ではないのです。

ストレスがある時は、違うやり方を考えるきっかけとして、「自分にとって今までの当たり前は、当たり前じゃないかもしれない」ということを、思い出してみてくださいね。

 

余談ですが、私は家事で行き詰ると海外ネタを検索しています。日本が先進国で一番女性が家事をする国なので、他の国では家事をどのくらいしているか、どうやってしているのかを知ることで、楽になりますよ(笑)

例は家事を出しましたが、家事以外の場面でも同じように考えられるのでぜひやってみてください。

 

「整った人になる」シリーズは、思考の整理部屋の整理時間・行動の整理の3つから、今よりも生きやすくするための整理のポイントを毎日1つずつ掲載しています。

思考の整理 整った人になるコツ

決めれば、動ける、終わる。

思考の整理 整った人になるコツ

行動になかなか移せない背景の「不安」に目を向ける

思考の整理 整った人になるコツ

いつだって、やらない理由を正当化できてしまう

思考の整理 整った人になるコツ

感情の動きを察知できていますか?

思考の整理 整った人になるコツ

運動する

思考の整理 整った人になるコツ

自分のリフレッシュ方法をストックする

思考の整理 整った人になるコツ

機嫌よく生きることも、自分次第。

思考の整理 整った人になるコツ

得意なことは、何ですか?

思考の整理 整った人になるコツ

自分の大切なものをはっきりさせる

思考の整理 整った人になるコツ

自分のことが好きですか?

思考の整理 整った人になるコツ

他人の評価に人生を委ねない

思考の整理 整った人になるコツ

目の前の誘惑と、長い目で見た理想、どちらを選ぶ?

思考の整理 整った人になるコツ

今やることは、未来の自分へのプレゼント

思考の整理 整った人になるコツ

100じゃなくていい、0より1

思考の整理 整った人になるコツ

「当たり前」は本当に当たり前?

思考の整理 整った人になるコツ

やめることを決めて、どんどんやめる

思考の整理 整った人になるコツ

変えられることと、変えられないことを区別する

思考の整理 整った人になるコツ

モノゴトはとにかく小さく分けること。

思考の整理 整った人になるコツ

頭の中を書き出す

思考の整理 整った人になるコツ

あなたはどんな気持ちで、毎日何をして暮らしたいですか?
  • この記事を書いた人

株式会社OPT LIFE

あなた自身を主役に、今の暮らしをもっと楽に楽しく。 家のことから、暮らし方全般を整えるためのサービスを提供しています。

-思考の整理, 整った人になるコツ

Copyright© OPT LIFE , 2019 All Rights Reserved.