OPT LIFE

コンサルティング型片付けサービス、新築・リフォーム・引っ越し前のコンサルティングと整理・収納・片付け作業

整った人になるコツ 部屋の整理

暮らしの小さなストレスを明確にして、解消する

更新日:

整った人になるシリーズ#17  部屋の整理(6)

暮らしの小さなストレスを明確にして、解消する

たまたま見つかった画像が表しているのは、私自身しばらく続いた小さなストレス「洗濯物が、なんか臭い気がする」です(笑)

 

実際にこうやって、日々服の匂いを嗅いでました。洗剤を変えたり色々していましたが、最終的には、数回洗濯槽洗浄をした後に、毎日必ず乾燥機を使うことですべて解決しました。

 

さて、「ストレスを感じようとしない症候群」の傾向はありませんか?

 

本当は、不便を感じていたり、少しイライラしたり、不快感を感じているのに、それがはっきりと言語化されない、意識にあがってこないことです。

 

 

もしかすると、初めははっきりとストレスを把握していたかもしれませんが、解決しないままにしておいたことでいつの間にかその状態に慣れてしまっているのかもしれません。

 

もしくは、ストレスを日々感じているのに、改善させる方法が思いつかないために、現状に対して何も感じないようにすることで、自分を納得させようとしている可能性もあります。

 

片付けの仕事でお客様の家に伺って、「これは使いにくくないんですか?」と聞くと、「そう言われてみるとそうですね、忘れてました」と答えるケースがよくあります。

 

また、散らかった部屋に住んでいる人は、その状態に慣れてしまっていて、散らかっている状態にそこまでストレスを感じていない気になっていることもあります。

 

 

塵も積もれば山となるという諺は、ストレスについても言えると思います。

 

それ1つでは些細な事でも、暮らしの中にそういった小さなストレスがいくつもあることで、常に何かに対してイライラしてしまうこともあり得るのです。

 

小さなストレスを、具体的に把握することができれば、解決方法を見つけやすくなります。

 

例えば、冒頭の例だと洗濯物が臭い理由が生乾き時間が長いと言うところにたどり着いたことで、乾燥機を必ず使うと言う解決方法になりました。

 

他の例だと、家族がトイレの電気をつけっぱなしにしてしまうと言うのがストレスであれば、トイレのドアに張り紙をするのも手ですし、人感センサーの電球に取り替えると言う解決方法もあります。

 

収納にしまいこんでしまうと、何がどこにあるかわからなくなってしまうと言う方は、収納の扉を取り外し、中を半透明や透明の収納用品を使って収めると言う方法も考えることができます。

 

このように、暮らしの中のストレスを、何がどのように不快なのか具体的に考えることで解決方法を探してみてください。

 

今は、多くの人がブログやSNSで様々なアイディアをアウトプットしているので、どのように解決したいのかがわかると、その方法はすぐに調べることができますよ!

 

「整った人になる」シリーズは、思考の整理部屋の整理時間・行動の整理の3つから、今よりも生きやすくするための整理のポイントを毎日1つずつ掲載しています。

-整った人になるコツ, 部屋の整理

Copyright© OPT LIFE , 2019 All Rights Reserved.