OPT LIFE

コンサルティング型片付けサービス、新築・リフォーム・引っ越し前のコンサルティングと整理・収納・片付け作業

整った人になるコツ 時間・行動の整理

いま目の前に集中する

更新日:

整った人になるシリーズ#18 時間と行動の整理(6)

時間の整理

いま、目の前に集中する

目の前の物事に、集中できていますか?

 

これは、時間と行動の整理の話でもありますが、思考の整理にもつながっています。

 

まず、時間と行動に関係する話ですが、生産性があまり高くない人の特徴として、マルチタスクを過信していることがあります。

 

1つのことに取り組むべき時に頭の中に複数のことをが思い浮かんでいると、集中できていないので、必然的に効率は下がります。

 

先日、集中できる時間は短いので、時間を区切って考えるという記事を書きましたが、その時間内いっぱい、1つのことに集中できていますか?

 

「やるべきことを決めて取り組んでいるのに結局終わらないことが多い」と言う方は、1つのことに集中できていない可能性があります。

 

もし目の前の取り組むことと、違う話に気が逸れそうになったら、その内容をメモに取るなどして忘れないようにして、すぐに今やるべき事に戻りましょう。

 

また、目の前の出来事に集中できているかどうかは、日常生活の幸福度にも関係してくると言われています。

 

例えば、話を聞いてほしいと子供が話しかけているときにスマホばかり見ていたら?

 

返事をしたとしても、子供の話が真剣に頭の中に入ってきてはいません。また、話している子どもから見ても、目線が合わないと、ないがしろにされていると言う印象になるでしょう。

 

レジャーに出かけたり、映画をDVDで見たり、その場を楽しむ場面なのに、違うことを想像していたり、スマホで別のことをしていたらその楽しさを心の奥底から味わうことができません。

 

五感を使って食べることに集中していないと、食後何を食べたか聞かれても答えることができません。

 

心ここに在らず、は文字で書くと結構悲しくないですか・・・?

 

もう少し広い話で言うと、過去のことをずっと悔やみ続けていたり、未来のことを心配しすぎたりと、今目の前にある暮らし以外のことに思いを集中させていると、その方が感じる幸福度は下がってしまうそうです。

 

時間や行動の効率化をするだけでなく、あなたの幸せの感じ方までもを左右する「目の前の出来事に集中できているかどうか」。

 

ぜひ、頭に思い浮かんだ場面から、目の前にあることに集中してみてください。

「整った人になる」シリーズは、思考の整理部屋の整理時間・行動の整理の3つから、今よりも生きやすくするための整理のポイントを毎日1つずつ掲載しています。

-整った人になるコツ, 時間・行動の整理

Copyright© OPT LIFE , 2019 All Rights Reserved.